写真家 藤原慶と巡る日帰りショートトリップ「 てくてくフィルムカメラ旅」~ 猿島 & 横須賀 周辺 ~

Description

\\ フィルムカメラをぶら下げて、9月22日(日)【猿島&横須賀】へショートトリップに出かけてみませんか?//

いつもはデジタルカメラやスマホで撮影しているけど、「私、やっぱりフィルムカメラが好き!!」そういう人も、多いのではないでしょうか。

そんな「フィルムカメラ好き」のみんなで集まって、東京から日帰りで行けるショートトリップに出かけよう!というのが今回の企画です。

講師は、72galleryにて、写真展を開催していた藤原 慶(ふじわら けい)先生です。
展示作品はすべてフィルムカメラで撮影したもの。
フィルムで撮影する際には、CanonのF1を使っていて、フィルムカメラをこよなく愛する写真家です。
バックパッカーとして、日本放浪の旅に出た経験のある藤原さんだからこそ知っている旅の知恵・写真の撮り方を、一緒にショートトリップしながらレクチャーしていただきましょう!

2回目の舞台は、モンキー・D・ルフィ島(猿島)& 横須賀周辺。
この季節ならではの風景と、先生オススメのスポットへご案内いたします。

もちろん、
・人から譲り受けたけど、使い方が分からない…
・家に眠っているフィルムカメラを使ってみたい…
・チェキや写ルンです!での参加したい…
という人も大歓迎です!

旅 × フィルムカメラをテーマにした「てくてくフィルムカメラ旅」令和元年夏よりスタート!

------------------------------
【おすすめポイント】
・写真家 藤原慶さんの「モノを見る目線」を学べる!
毎回、藤原さんが季節に合わせた地域を選び、おすすめポイントを巡ります。その中で、写真家が何に反応するのか?どのように人とコミュニケーションをとるのか?を間近で見ることができます。


・自由行動もあるので、寄り道もできる!
イベント撮影会だと、団体行動が多いイメージですよね。しかし、それぞれ感性が反応するポイントは異なります。そこで、今回のイベントでは、自由行動をできる時間を確保。「こちらも行きたい!」という場所があれば、時間に応じて、適宜向っていただくのもOKです。写真家のおすすめポイントを聞きつつ、自分の感性・興味の向くほうへも足を延ばしてみてくださいね!

・撮影した写真の講評の会も。
1~3回の旅に出た後、旅の思い出を振り替える会を設けます。旅に出でた時の写真を持ち寄り、プチ・コンテストを開催。見事、KEI賞(藤原慶賞)に輝いた方には、藤原さんがオススメのフィルム1本を贈呈いたします!

・イベントのゴールは、
①フィルムカメラ好きな仲間と旅に出て、「楽しい!」を一緒に共有すること
②旅をしながら、「想像」して撮影し、その「答え合わせ」まで仲間と一緒にすること
写真があふれている時代だからこそ、1枚の写真を丁寧に撮る・観る 楽しみを仲間共に、味わってみましょう!

------------------------------
【日程】
1回目:2019年8月3日(土)鎌倉SUMMER!旅 開催済
2回目:2019年9月22日(日) 終日  猿島から横須賀美術館まで 感性をピカピカに磨く旅
■スケジュール
09:40 横須賀中央駅 集合
10:00 三笠公園 着
10:30 猿島へ行くフェリーへ乗船
12:45 帰りのフェリーへ乗船
13:00 お昼ご飯(人数によって自由行動になる可能性もあります)
14:00 横須賀中央駅から観音崎行バスで観音崎京急ホテル
14:40 横須賀美術館前下車
15:00 美術館散策&周辺散策
16:30 終了予定(現地解散)
※スケジュールは、変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

3回目:2019年11月9日(土) 終日 秋の風物詩 すすき におぼれませう。(山梨県を予定)
4回目:2019年11月22日(金)19:30~21:00 旅の思い出を振り返ろう会 → 有志でご飯へ!
※イベント開催地は、変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

------------------------------
【講師紹介】
藤原慶(ふじわら けい)先生


・講師プロフィール
1993年2月16日 神奈川県出身
2014年 カメラとバックパックを持って、各地で撮影した写真を路上で販売しながら日本を旅する
2016年 冬の長野の山小屋でフォトグラファーになる決意をする
2016年 名古屋にてアシスタント勤務
2017年 上京し、フォトグラファーとしての活動を始める
2018年 四国での旅を編集し、まとめた本「旅へんろ」を出版
現在、東京都内在住

様々な雑誌やウェブメディアなどの撮影を行う
旅をしながら、写真を撮り、路上で売る。
多くの人に助けられ、多くの人と触れ合う。
シンプルながらも生きることへ直結したこの経験が、今の大きな原動力としての糧となっている。
人物の撮影を主に行い、被写体の自然な表情を撮ることを心がけている。


・講師作例








photo by Kei Fujiwara
------------------------------
【こんな方にオススメ!】
・フィルムカメラ初心者・これから始めてみたい方
・写真家 藤原慶さんの写真をこよなく愛する方
・写真家の感性を間近で感じたい方
・日常の思い出をセンスのいい写真で残したい方
・フィルムカメラ仲間が欲しい方
・旅が好きな方
------------------------------

【講座概要】
■日程:上記の通り

■参加費:
PHaT PHOTO写真教室生徒・卒業生&Have a nice PHOTO!生徒&卒業生:6,000円
一般の方:7,000円
※ 交通費・飲食代・入場料がかかる際には、別途お支払いいただきます。(猿島へのフェリー:1,300円)

■定員:12名(最低催行人数9名)

■持ち物
・フィルムカメラ・フィルム・熱中症対策できるもの
※チェキでも写ルンですでもご参加可能です
※その他カメラ機材をご希望の方は適宜お持ちください。

■開催場所
・1~3回目は、お申込み者に「直前案内メール」として別途ご連絡いたします。
・4回目の「旅の思い出を振り返ろう会」は、PHaT PHOTO写真教室 東京本校にて開催し、その後有志で懇親会へ。
------------------------------
【注意事項】
※当日の様子を写真・動画にて記録させていただきます。その後、SNSやHPで告知素材として使用予定ですので、
掲載NGの方はお申込み時の要望欄にご記載いただき、当日スタッフへお申し出いただくよう、よろしくお願いします。
※受付は自動返信にてご案内しています。自動返信メールが届かない場合は事務局までお問い合わせください。
※連続参加の場合は、お申込み後7日以内のお振込をお願いさせて頂いております。そちらに関してはお申込み後、別途メールにてご案内いたします。
※キャンセルにつきましては、開催の5日前~当日:参加費の100%のキャンセルチャージを申し受けます。
※自動キャンセルになりませんので、キャンセルの際は事務局までお電話もしくはメールにてご連絡ください。
※講座スタート後のキャンセルや受講者様の都合でご参加いただけなかった回がある場合にご返金は致しかねますので予めご了承ください。
※お申込み先着順となります。申込み後、自動返信メールにて受付を致します。
※雨天決行を予定しておりますが、暴風雨などの影響がある場合催行中止になることもございます。その際は、メールにて案内をします。

・・・・・・・・・・・・・・・
【「PHaT PHOTO」写真教室とは?】

「写真を楽しみたい、写真と関わっていきたい」と考えるファンを増やし、その人たちの夢に命を吹き込む会社であること。を企業理念とする株式会社シー・エム・エスが運営する写真教室。
都内でオススメしたい写真教室NO1にも推薦され、輩出生徒には有名写真家も多数。「感性を磨く」ことを大切にしており、初心者・スマホの方でもご受講いただける、 すべての写真好きの方へ開かれた独自のカリキュラムが特徴です。
・・・・・・・・・・・・・・・・

【お問い合わせ先】
「PHaT PHOTO」写真教室事務局
e-mail: ppschool@cmsinc.jp TEL:03-5524-6991
 (10:00~18:00土日祝日休)

*チケット販売が終了している場合は下記キャンセル待ちフォームよりキャンセル待ちお申込みをお願いします*
https://business.form-mailer.jp/fms/b5c671da15288

【プライバシーポリシー】
下記企業サイトよりご確認をお願い致します。
http://www.cmsinc.jp/privacy.html

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#471678 2019-09-11 20:52:41
Sun Sep 22, 2019
9:40 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
京急線「横須賀中央駅」
Tickets
PHaT PHOTO写真教室生徒・卒業生&Have a nice PHOTO!生徒&卒業生 ¥6,000
一般の方 ¥7,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Sep 21, 2019.

Venue Address
横須賀市小川町27 Japan
Organizer
PHaT PHOTO写真教室
1,668 Followers